まちえんの活動・イベント予定

machien1.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

08 1月13日 ~小田原銀座メインストリートコンペ~最優秀提案の公開審査会(第2次公開審査会の開催)

【この審査結果はこちら

1.最優秀提案の公開審査会
・公開形式の審査会を開催し、審査委員が最優秀提案(1点のみ)を決定します。
・提案者からのプレゼンテーションとその質疑応答による一般公開審査後に、審査委員が別室で協議し、最優秀1点を発表します。
・公開審査会の日時は、2008年1月13日(日)13時~16時です。(交流会16~17時)
・公開審査会場は、ギャラリー新九郎(小田原銀座メインストリート・伊勢治書店本店3階)です。
ギャラリー新九郎の場所 〒250-001神奈川県小田原市栄町2-13-3 
ギャラリー新九郎の電話 0465-21-3386
・公開審査会場の場所は、こちら
・なお、第1次審査を通過した15作品を上記ギャラリーにて、1月11日(金)から一般に公開展示しています。

2.審査のスケジュール
一般公開審査 13時00分~15時00分
別室最終審査 15時00分~15時40分
最優秀作品の発表と審査講評 15時40分~16時00分
交流会16時00分~17時00分

3.審査委員
・審査委員長
後藤春彦(早稲田大学理工学部教授)
・審査委員
杉本洋文(東海大学工学部建築学科教授)
後藤治(工学院大学工学部建築都市デザイン学科教授) 
鈴木伸治(横浜市立大学国際総合科学部准教授)
内藤英治(パサージュ都市研究所代表取締役)
角田克宏(新しい銀座メインストリートをつくる会代表、小田原銀座商店会会長)

4.賞
・最優秀提案(1点のみ)には、[賞状と副賞50万円]及び[作品作成など空間形成のために必要な経費70万円]、合わせて120万円(税込み)が贈られます。
・最優秀提案受賞者は、主催者と協議の下、上記70万円の予算(税込み、作品作成など空間形成のために必要な経費の一切)で、提案したデザイン空間を小田原銀座ストリート内に実際に形成することがその前提となります。

5.主催など
主 催 新しい銀座メインストリートをつくる会
後 援 NPO法人小田原まちづくり応援団
事務局 (〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1丁目16-15角田ガクブチ店内)
「あったらいいなぁ~」デザインコンペ事務局
※「この事業は、国の2007年度全国都市再生モデル調査として実施するもので、小田原市の推薦を得ています」

----------------------------------------------------------
デザインコンペの課題とは?
近代デザインは「社会や生活を変革し、豊かな未来を生むこと」を目的に、少しでも人々の生活を良くするため行なわれてきました。
近年、大量消費社会の到来と共に、デザインが過剰なマーケット志向に流されつつあるとの指摘があります。確かに、大量消費時代のデザインは、便利さに象徴される自動車など、ひとつの時代を築いてきました。
このような中で、街づくりは、そのまちが持っていた歴史、資産、価値といったものが、便利さと引き替えに、失われていく危機感を覚えます。
これからの街づくりデザインは、そこにある街の記憶を生かし、歴史に根ざすことが大切であると考えています。
そこで、小田原銀座ストリート※1を会場にした《デザインコンペ「あったらいいなぁ~」》を開催したいと思います。
このコンペは、「小田原銀座ストリートの持つ歴史、資産、価値にこだわり、少しでも人々の生活を良くする空間デザイン」を募集するもので、例えば「ストリートのアート空間」、「街なかの休息空間」、「心地よくすてきな空間」など、ストリートの新しい仕組みを生み出すデザインを求めます。
最優秀提案受賞者は、主催者と協議の下、70万円(税込み)の予算で、提案したデザインを小田原銀座ストリート内に実際に作り出していただきます。そのデザイン空間の形成(実施)期間は、2008年2月10日から1ヶ月間程度を予定しています。
-----------------------------------------------------------
[PR]
by machien1 | 2008-01-13 11:42