まちえんの活動・イベント予定

machien1.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

08 12~2月商店街にぎわいサポーター・プロジェクトの第2弾がお堀端商店街と小田原銀座商店会で開催

「小田原やんべぇ倶楽部(街なかの歳時記を大切にした活性化にこだわる市民活動組織) 」から提案のあった商店街にぎわいサポーター・プロジェクトの第2弾「なりわい歳時記展」が開催されます。同倶楽部が企画運営する「正月の小田原流門松の再現」に合わせて、「小田原流門松の入った絵手紙」を募集し、商店街のギャラリーで展示する企画展です。多くの方のご応募を期待しています。

①「小田原流門松の入った絵手紙」の募集
 ・募集要領 「小田原流門松」の入った絵手紙(葉書サイズ)
 ・募集期間 12 月28 日(日)から1 月13 日(火)
②「小田原流門松の入った絵手紙」の展示
 ・展示期間  2 月12 日(木)から2 月24 日(火)
 ・展示場所 「ツノダ画廊 」(小田原銀座商店会)2 月12 日(木)~17 日(火)
         「女性プラザ」(お堀端商店街) 2 月19 日(木)~24 日(火)

ポスト広告08年12月19日の記事より

c0104278_1735882.jpg

[PR]
by machien1 | 2008-12-25 17:33

08 12月12日 まちえんカフェ@ゾロ目の日

【この活動記録はこちら】

月に1回“ゾロ目の日”に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの“場”として開催する「まちえんカフェ@ぞろ目の日」。

 まちえんカフェ1212のテーマは、「商店街のサポーターによる企画提案発表会」とします。
これまで、企画を温めていただいた市民の方々から、商店街に対する企画提案を発表していただきます。
★相模舞台同盟(芝居にこだわった市民活動組織)
 「ほっとファイブタウン(5商店街のネットワーク組織)」と連携した企画提案
★シニアリーダーズクラブ(小田原市のオーシャン・クルーズのOBOGを中心に組織された若手市民組織)
 「FMおだわら」を媒体に実施した「FM電波を通したサポートプロジェクト」企画提案
★小田原やんべぇ倶楽部(街なかの活性化にこだわる市民活動組織)
 「正月の小田原流門松の再現」と、「三月の小田原雛の道中イベント」との連携による企画提案
★その他(飛び入りも歓迎です)
企画の発表後、参加者の皆さんや商店街の皆さんと、実施に向け、いろいろと議論したいと思います。

■まちえんカフェ@ゾロ目の日1212
●日時 2008年12月12日金曜日19時00分~21時30分
●場所 小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、小田原おでん定食つき)
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェと趣旨の説明
19時10分 「商店街のサポーターによる企画提案発表会」
        ・相模舞台同盟による企画提案
        ・シニアリーダーズクラブによる企画提案
        ・小田原やんべぇ倶楽部による企画提案
        ・その他
21時00分 ライムチェアプロジェクトの今後の進め方
21時10分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2008年度のまちえんカフェのテーマは「元気がなくなりつつある小田原駅周辺の商店街をもっと元気にするためには、どうしたら良いかを皆さんと一緒に考えること」です。
皆さんご存知のように、日本中の街なか商店街は、構造的変革期の真っただ中にあり、小田原駅周辺も例外ではありません。商店街が抱えている課題は、たくさんあります。
 しかし、これからの少子高齢化社会の中で自動車に頼らない「歩いて暮らせるまちづくり」、千年都市として「小田原らしい本物の歴史文化を大切にするまちづくり」を進めるためには、商店街を街なかの魅力的な場所に変化させることがその前提条件となります。

 このような中、神奈川県では、2008年度・県職員による提案型協働事業として「商店街にぎわいサポーター育成事業」が実施されることになり、5月に公募による選考会が開催され、まちえんの提案が県内で唯一採択されました。
まちえんがこの事業に応募した理由は、前述のように「街なかの商店街を魅力的にすることが小田原のまちづくりに欠かせない」と考えたからこそです。

 Jリーグのサポーターといえば、サッカークラブなどのファンを指し、応援するだけではなく、クラブを支えている大きな存在となっています。
商店街にも、商店街を支える大きな存在となるサポーターが集まり、「歩いて暮らせるまちづくり」、「小田原らしい本物の歴史文化を大切にするまちづくり」の実現が少しでも動き出したら、全国から来訪客の絶えない、実に魅力的な街なかとして生まれ変わることでしょう。

商店街を支えるのは、市民の皆さんです。商店街のサポーターとなって、市民の考えや願い、希望がしっかり反映され、市民の持てる能力が十全に発揮される街なか作りの原動力になってみませんか。商店街のサポーターに興味をお持ちの方もぜひ、お集まりください。
[PR]
by machien1 | 2008-12-12 11:41