まちえんの活動・イベント予定

machien1.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

09 8月30日第8回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウムIN平塚

まちえんも参加・支援している「8回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム」が平塚で開催されます。

 近年、文化遺産である邸宅・別荘の火災が多発しています。モーガン邸、吉田茂邸、住友家俣野別邸と、近年、神奈川にある歴史的な文化遺産である邸宅の火災が相次いでいます。こうした火災を防ぐ手立てはないのでしょうか。また、火災にあった邸宅の被害を最小限にとどめる方法はないのでしょうか。
そのためには、文化遺産の防火対策に関する専門的知識を得ることも必要ですが、その前に一歩ひいて、消防や防火対策の基礎的な知識や考え方を知っておくことも必要です。例えば、高度な設備を設置しても、それが何に有効なのかを知らなければ、設備としての力を発揮することはできません。
そこで今回は、文化庁の方から国における文化財建造物に対する防火対策の取り組みの現状を報告いただくことに加え、防火や防災上の対策について第一線で活躍されている先生たちから基礎的なお話しをいただくことを企画しました。各先生の講義を聴いた上で、文化遺産である邸宅の防火対策として、参加者ひとりひとりに何ができるのか、どうすればよいのかを考えていただければ幸いです。

日 時 平成21 年8 月30日(日)14 時~18 時半(14~15 時 記念館見学、15 時~18 時半シンポジウム)
会 場 旧横浜ゴム平塚製造所記念館(平塚市浅間町1-1)
シンポジウムテーマ 「文化遺産・湘南の邸園を火災から守る」
司会:後藤 治氏(工学院大学教授・まちえん顧問)
講師:長尾 充氏(文化庁建造物担当)/文化財建造物に関する防災対策の動向
    関澤 愛氏(東京大学大学院特任教授)/文化財等の木造建物の防火対策
    安井 昇氏(早稲田大学研究員)/木造建物の耐火・防火性能を高める方法
    三浦 卓也氏(マヌ都市建築研究所)/住民参加による防災まちづくり
参加資料代 500 円  定員 60 名
申込み方法 ネットワーク事務局へメール又はFAXで8 月25 日までにどうぞ
shonan-nw@office.nethome.ne.jp 0466-88-4388(事務局:佐藤)
チラシ(申込書)は、こちら
[PR]
by machien1 | 2009-08-30 20:37

09 8月28日 第4回まちえん学校「歴史まちづくりシリーズ・第2弾」

 今月のまちえんカフェは、「第4回まちえん学校・第2弾」となります。
今年の学校は「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催します。
「まちえん学校」は、どなたでも参加いただけますが、事前申込で、会費もひとり2000円(はげ八鮨の食事付き)となります。

<第4回まちえん学校・歴史まちづくりシリーズ第2弾 小田原の地域資源~なりわい文化を活かす~>
小田原の歴史まちづくりの中で、「なりわい文化」はとても大切なキーワードです。特に今、小田原は、これからの交流人口の増加に欠かせない「なりわい文化」を地域資源としてまちづくりの中でどのように扱うべきかを考えることが大切です。
「なりわい文化をどう扱うのか」また、「なりわい文化をまちづくりとして、どのように具現化するのか」加藤市長から今後の戦略を市民として直接聞いてみようということで企画しました。
多くの方々のご参加をお待ちしています。

・日 時:平成21年8月28日(金)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・講 師:加藤憲一市長
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(はげ八鮨の食事付き)
・タイムスケジュール:
  18時30分~19時00分 はげ八鮨の食事
  19時00分~20時00分 説明・講義(食事も可)
  20時00分~21時30分 質疑応答
  21時30分 終了予定
・会 場:小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
・事前申込みの方法:8月27日までにEメールでお申し込みください。(収容人数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。お早めにお申込みいただければと思います) odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)

(参考までに、5月28日の加藤市長の日記は、こちら
[PR]
by machien1 | 2009-08-28 12:07

09 8月8日 まちえんカフェ@ゾロ目

【この活動記録はこちら】

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。

今回のまちえんカフェのテーマは「中心市街地のグランドデザイン(全体構想)」です。
小田原の中心市街地では、平成21年3月に、小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会から報告書が市長に提出され、地下街の再生、お城通り地区の再開発、三の丸地区整備に対する提言が示され、中心市街地における3つの拠点整備の方針が明らかとなりました。
このような中、拠点整備の方針が揺れ動いたため、2年間近く策定が遅れている「新・小田原中心市街地活性化基本計画(市作成)」が急務となっています。
今回は、中心市街地商業活性化協議会のアドバイザーを務める佐谷元さんをお呼びして、現在の中心市街地を取り巻く状況を説明いただき、会場の皆さんが考える「中心市街地のグランドデザイン(全体構想)のあり方」を議論したいと思います。
日時:平成21年8月8日(土)19時00分~21時30分
会場:小田原3区公民館1階会議室(小田原市栄町1丁目)
   (オービックビルの都合で、会場が急遽変更になりましたので、ご注意下さい。)
講師:小田原・中心市街地商業活性化アドバイザー(旧法TMOタウンマネージャー) 佐谷元さん
聞き手:小田原まちづくり応援団

●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 中心市街地を取り巻く状況と「中心市街地のグランドデザイン(全体構想)のあり方」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「中心市街地のグランドデザイン(全体構想)」 質問、意見交換など
21時00分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了
[PR]
by machien1 | 2009-08-08 21:43