まちえんの活動・イベント予定

machien1.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

09 9月9日まちえんカフェ@ゾロ目「第4回まちえん学校・第3弾」

【この活動記録はこちら】

今月のまちえんカフェは、「第4回まちえん学校・第3弾」となります。
今年の学校は「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催しています。

「歴史まちづくりシリーズ」の第3弾は、「金沢の歴史まちづくりに学ぶ~水路がつなぐ金沢と小田原~」です。
金沢市の講師を招いた理由は、歴史まちづくり法の認定を既に受けた「金沢市歴史的風致維持向上計画」が「町を流れる水路」にこだわっているためです。ご存知のように、小田原は、1550年頃、日本で最初に水道施設が完成したまちです。この小田原用水には、こだわるべき歴史があります。金沢では、フタのされてしまった用水を、もう一度よみがえらせることで、町の住環境や観光資源としての輝きを高めてきました。
「水路」という切り口で、小田原の歴史まちづくりでどんなことができそうか、それが、どんな未来を拓くのか、みなさんと一緒に考えたいと想います。
「まちえん学校」は、どなたでも参加いただけますが、事前申込で、会費もひとり2000円(寿庵の食事付き、資料付)となります。
・歴史まちづくり法の概要はこちら

・日 時:平成21年9月9日(水)18時30分~21時30分(18時30分~19時は食事)
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:金沢市歴史建造物整備課主査 土田昌伯さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き、資料付)
・タイムスケジュール:
  18時30分~19時00分 寿庵の食事
  19時00分~20時00分 説明・講義(食事も可)
  20時00分~21時30分 質疑応答
  21時30分 終了予定
・会 場:小田原駅前「寿庵2階」
      会場の案内図は、こちら
・事前申込みの方法:9月8日までにEメールでお申し込みください。(定員30人先着順)
odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)
[PR]
by machien1 | 2009-09-09 23:52

09 まちえん学校「歴史まちづくりシリーズ」

NPO法人小田原まちづくり応援団主催「第4回まちえん学校」は、今話題の「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催します。

■「歴史まちづくりシリーズ」の第1回目は、小田原市役所内でも検討がはじまった「歴史まちづくり法を学ぶ」です。
同法の直接担当課である「国土交通省公園緑地・景観課 景観・歴史文化環境整備室 課長補佐 脇坂隆一さんと古都・歴史文化係長 曽根 直幸さん」をお招きして、時代背景とその目的、どんなことが出来る法律なのか、どんな補助があるのかを市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年7月7日(火)18時30分~21時
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:国土交通省 公園緑地・景観課 景観・歴史文化環境整備室 課長補佐 脇坂隆一さん
     同 景観・歴史文化環境整備室 古都・歴史文化係長 曽根 直幸さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き+資料代)
  ★1回目は済み
【この活動記録はこちら】

■「歴史まちづくりシリーズ」の第2回目は、「小田原の地域資源~なりわい文化を活かす~」です。
小田原の歴史まちづくりの中で、「なりわい文化」はとても大切なキーワードです。特に今、小田原は、これからの交流人口の増加に欠かせない「なりわい文化」を地域資源としてまちづくりの中でどのように扱うべきかを考えることが大切です。
「なりわい文化をどう扱うのか」また、「なりわい文化をまちづくりとして、どのように具現化するのか」加藤市長から今後の戦略を市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年8月28日(金)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・会 場:オービックビル2階会議室
・講 師:加藤憲一市長
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(はげ八鮨の食事付き+資料代)
  ★2回目は済み

■「歴史まちづくりシリーズ」の第3回目は、「金沢の歴史まちづくりに学ぶ~水路がつなぐ金沢と小田原~」です。
金沢の講師を呼ぼうと決めたのは、歴史まちづくり法の認定を既に受けた「金沢市歴史的風致維持向上計画」が「町を流れる水路」にこだわっているためです。ご存知のように、小田原は、1550年頃、日本で最初に水道施設が完成したまちです。この小田原用水には、こだわるべき歴史があります。金沢では、フタのされてしまった用水を、もう一度よみがえらせることで、町の住環境や観光資源としての輝きを高めてきました。
「水路」という切り口で、小田原の歴史まちづくりでどんなことができそうか、それが、どんな未来を拓くのか、みなさんと一緒に考えたいと想い、金沢の歴史まちづくりの水路にかかわってこられた担当者に市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年9月9日(水)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:金沢市歴史建造物整備課主査 土田昌伯さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き+資料代)
  ★すべて終了しました。
【この活動記録はこちら】

◆◆◆事前申込みの方法:Eメールでお申し込みください。 odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)
[PR]
by machien1 | 2009-09-08 19:45