まちえんの活動・イベント予定

machien1.exblog.jp

1月の清閑亭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月11日(火)邸園交流かふぇ(まちえんカフェ@ゾロ目の日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月に1回"ゾロ目の日"。
多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"。
6月から場所を「清閑亭」に移して開催しています。
まちえんでは、小田原の魅力を満喫する恰好な拠点として
登録有形文化財・清閑亭を位置づけ、大学や市民をはじめ
みなさんとともに、清閑亭をどう使いこなしていったらよい
かを使いながら考えています。
今回は、清閑亭オープンから半年間、さまざまな方に教えて
いただいた邸園をめぐる物語について、みなさんと改めて
共有したいと思います。
■スケジュール
1月11日(火) 19時〜21時
■参加費
1000円(資料代、茶・軽食代など込み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月17・24・31日清閑亭ティーサロン 初春篇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おいしいいれ方などを教わりながら、
とっておきの足柄茶を味わい、
和の建物とお庭の魅力を満喫しましょう。
英国のアフタヌーンティーのように、
ゆったりと作法を気にせず、時間と空間を楽しみませんか?
■スケジュール
1月17日(月)
1月31日(月)
各日とも13時から、15時からの2回
1月26日(水)
13時からの1回
■定員
各回5人・先着順
■費用
1500円
■講師
石崎雅美さん(日本茶アドバイザー)
■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月20日(木) 季節のちりめん細工教室 牡丹と雀 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季節感たっぷりのちりめん細工。
今月のテーマは「牡丹と雀」。
和の建物のなかで和気あいあいと楽しみながらつくりましょう

■スケジュール
1月20日(木) 9時〜14時
■講師
安藤百合子さん(五百羅漢玉宝寺)
■参加費
2000円(ちりめんの布など材料費、茶・茶菓代込み)
■持ち物
 □布が切れる鋏
 □針と絹糸
 □筆記用具
■お申し込み
1月14日までに清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。
講師の安藤さん制作の季節のちりめん細工が、
清閑亭内に飾ってありますので、ぜひご覧ください!
[PR]
# by machien1 | 2011-01-07 18:12 | 清閑亭

11 清閑亭ティーサロン「別邸で楽しむ足柄茶歳時記・初春編」

小田原邸園交流館 清閑亭で、和の建物とお庭の魅力を満喫しながら、足柄茶の奥深い魅力を味わいましょう。
作法を気にせず豊かな時間と空間を楽しむティーサロンです。

このティーサロンでは、月ごとのテーマに沿ったお茶とお茶請けを数種類ずつ楽しんでいただいています。
1月のテーマは「初春」。お正月にちなんで、縁起のいいお茶をどうぞ。
お茶請けも、お正月らしいセッティングで楽しんでいただく予定ですが……どんなかは、参加していただいてのお楽しみ。

清閑亭でも随一の心地よいお部屋・主座敷の、日当たりのいい畳の広縁で、午後の時間をゆったり過ごしませんか?

12月のティーサロンの様子


■日時
 1月17日(月) 13時~、 15時~
 1月26日(水) 13時~
 1月31日(月) 13時~、 15時~

■場所
 小田原邸園交流館 清閑亭
 (小田原市南町1-5-73、旧城内高校向かい)

■講師
 石崎雅美さん(日本茶アドバイザー、足柄茶コミュニケーター)

■定員
 各回5名(要申込み、先着順)

■参加費
 1500円(お茶・お茶請け・資料代込み)

■お問い合わせ、お申込み
 小田原邸園交流館 清閑亭(電話・FAX 0465-22-2834)
 ※12月29日~1月5日は休館となります。
[PR]
# by machien1 | 2010-12-27 14:56 | 清閑亭

12月の清閑亭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月12日(日)邸園交流かふぇ(まちえんカフェ@ゾロ目の日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月に1回"ゾロ目の日"。
多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"。
6月から場所を「清閑亭」に移して開催しています。
まちえんでは、小田原の魅力を満喫する恰好な拠点として登録
有形文化財・清閑亭を位置づけ、大学や市民をはじめさまざま
なみなさんとともに、清閑亭をどう使いこなしていったらよい
かを使いながら考えています。
今回は、博物館明治村館長の鈴木博之先生をお迎えします。
鈴木先生は、近代建築史の世界的な研究者。
若き日に古稀庵の調査報告書もまとめられた方。
日本だけでなく世界の別荘建築にお詳しい方です。
その鈴木先生に、別荘・別邸文化の流れに、
小田原そして清閑亭を位置づけ、どんな価値があるのか、
ざっくばらんにお話しいただきたいと思います。
座敷で先生と車座を囲んで、じっくり時間を過ごしませんか。
■スケジュール
12月12日(日) 15時~17時 ※普段と時間が異なります。
■参加費
1000円(資料代、茶・茶菓代などこみ)
■鈴木博之先生
博物館明治村館長。東京大学名誉教授。青山学院大学教授。
著書に『東京の地霊[ゲニウス・ロキ]』(サントリー学芸賞)ほか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月19日(日) 今年はこれで決まり!ミニ門松づくり教室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとした棚にも飾れるミニ門松を手作りしませんか?
竹は、清閑亭の北庭の仕上げで使われた竹。
清閑亭とおそろいの竹を使った門松で、懐かしさいっぱいの新年を
迎えましょう!
■スケジュール
12月19日(日)13時~16時 
■講師
長﨑務さん(元小田原庭園業組合理事長)
■参加費
1500円(材料費)
■持ち物
軍手、植木ばさみ
■定員 20名(事前にお申込ください!)
■申込 清閑亭(電話0465-22-2834)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清閑亭ティーサロン 参加者募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おいしいいれ方などを教わりながら、とっておきの足柄茶を味
わい、和の建物とお庭の魅力を満喫しましょう。
英国のアフタヌーンティーのように、ゆったりと作法を気にせ
ず、時間と空間を楽しみませんか?
■スケジュール
12月10日(金)
12月24日(金)
1月17日(月)
1月31日(月)
各日とも13時から、15時からの2回
1月26日(水)
13時からの1回
■定員
各回5人・先着順
■費用
1500円
■講師
石崎雅美さん(日本茶アドバイザー)
■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月23日(休) 清閑亭クリスマスコンサート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清閑亭の主座敷は、音の響きが違います。
そんな清閑亭を気に入ってくださった歌手の内藤志保さんが、
天使の歌声をみなさまにお届けします。
クリスマスケーキを食べながら、豊かなひと時を過ごしませんか?

■スケジュール
12月23日(休)14時から、17時30分からの2回 
■出演
内藤志保さん(歌)
佐々木靖さん(ギター)
■参加費
2000円(クリスマスケーキと飲み物付き)
■定員 各回50名(事前にお申込ください!)
■申込 清閑亭(電話0465-22-2834)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月26日(日) 清閑亭をみんなできれいに 清閑亭大掃除大会!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清閑亭のほこりを落とし、落ち葉を払い、障子を張り替え・・・・・・
新しい年を迎える支度に、みなさんのお力をぜひ貸してください!
掃除のあとは、温かいものを囲んで、みんなで打ち上げ。
和気あいあいとした年の瀬のひと時を過ごしませんか?
何かとお忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします!
■スケジュール
12月26日(日)9時~16時 
■持ち物
軍手、(できれば)ぞうきんほか掃除用具
■問合せ 清閑亭(電話0465-22-2834)
[PR]
# by machien1 | 2010-12-12 13:18 | 清閑亭

11月の清閑亭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月も 清閑亭 仲秋のオープンウィーク!
 平日もオープンしてます!(休館日木曜日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月のオープン以来、3000名近いお客さまをお迎えした
小田原邸園交流館・清閑亭。
11月も「仲秋のオープンウィーク」として、平日もオープン!
また開館時間も朝10時からと1時間早くなりました。
みなさまのお越しをお待ちしています。
■10月1日から11月30日までの開館時間
朝10時から夕方16時まで
■サービス
珈琲または紅茶とクッキー 300円
※この収益は、清閑亭の維持費に役立たせていただきます。
■お問合せ
清閑亭  電話0465-22-2834
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月11日(木)邸園交流かふぇ(まちえんカフェ@ゾロ目の日)
「清閑亭の庭をよみがえらせよう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月に1回"ゾロ目の日"。
多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"。
6月から場所を「清閑亭」に移して開催しています。
まちえんでは、小田原の魅力を満喫する恰好な拠点として
登録有形文化財・清閑亭を位置づけ、大学や市民をはじめ
さまざまなみなさんとともに、清閑亭をどう使いこなして
いったらよいかを使いながら考えています。

今月のテーマは「庭」。

清閑亭には母屋の南北をはじめ、趣のある庭が広がってい
ます。ただ、長い年月を経て、本来とは程遠い姿になって
いるのが現状です。

そこで今回は、小田原庭園業組合の会長を務めていらした
長﨑さんをお招きして、あるべき姿がどのようなもので、
どうしたらそれに近づけてゆけるかを皆さんと一緒に考え
たいと思います。

ゲストにお迎えする長﨑さんは、10月の「和のお庭お手入
れ講習会」でも講師を務めてくださった方で、同組合では
松永記念館や小田原文学館の庭の手入れも手掛けていらっ
しゃいます。

■ゲスト 長﨑 務さん
■スケジュール 19時~21時(お時間お間違えなく!)
■参加費
1000円(資料代、茶・茶菓代などこみ)

■事前に予約してください
問合せ先 清閑亭 0465-22-2834

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月7日(日) 第6回サポセン祭り 清閑亭写真展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月7日10時~15時川東タウンセンターマロニエにて
登録市民活動420団体のうち今年度は約80団体が参加して行う
フェスティバルです。
講演、物販、飲食、展示、活動紹介、パフォーマンスなど
「華やかに、にぎやかに、ワイワイと」楽しい1日です。

まちえんは「清閑亭写真展」で参加します。
のぞいてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月14日(日)【雨天決行】
政財界の邸園巡りと「邸主が愛した」グルメツアー③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近代日本を築いた政財界の邸園巡りと小田原老舗グルメを
巡る、毎年恒例のツアーです。
◆時 間  10:00 ~ 15:30
◆集 合 10:00 箱根板橋駅前集合
(小田急線箱根湯本行きで小田原駅の次駅)
◆参加費  3,000 円(グルメ昼食&老舗グルメ付き)
◆定 員  45名(既に満席です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月19日(金)季節のちりめん細工教室5 参加者募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5回目の「季節のちりめん細工教室」を開催します。
ちりめん布を使って季節感にあふれた飾りものを制作します。
今回のテーマは「たぬきの親子」です!
■スケジュール
11月19日(金) 9時から12時
■講師
安藤百合子さん(五百羅漢玉宝寺)
■参加費
2000円(ちりめんの布など材料費、茶・茶菓代こみ)
■持ち物
 □布が切れる鋏
 □針と絹糸
 □筆記用具
■お申し込み
11月6日までに清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。
講師の安藤さん制作の季節のちりめん細工が、
清閑亭内に飾ってありますので、ぜひご覧ください!
■今後の「季節のちりめん細工教室」
12月7日(火) テーマ「うさぎと宝船」
こちらもお申込み受け付けています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 清閑亭ティーサロン 別邸で楽しむ足柄茶歳時記
  参加者募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おいしいいれ方などを教わりながら、とっておきの足柄茶を
味わい、和の建物とお庭の魅力を満喫しましょう。
英国のアフタヌーンティーのように、ゆったりと作法を気に
せず、時間と空間を楽しみませんか?
■スケジュール
11月8日、17日、22日、29日
各日とも13:30~15:00
■場所
清閑亭 主座敷
■定員
各回5人・申込み先着順
■費用
1500円
■講師
石崎雅美さん(日本茶アドバイザー)
■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月28日、12月5日(日)
紅葉狩り・和菓子ビュッフェ邸園散歩 参加者募集!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
木の葉が色づく季節になってきました。

そこで、カエデ/モミジの美しい小田原の庭園をあらためて
散策し、地元の和菓子に舌鼓を打つツアーを企画しました。

清閑亭の最初の主・黒田長成侯爵も、清閑亭の楓(かえで)
をめでた漢詩をいくつか残しています。

古稀庵の紅葉は、山県有朋自ら京都の別邸・無隣庵より見事
だと自賛していますし、松永安左エ門の老欅荘も、もみじの
とても美しい庭園です。

深まりゆく秋のひと時、目と舌で季節を楽しみませんか?

■スケジュール
11月28日(日)第1回10時~12時、第2回14時~16時
12月5日(日)第1回10時~12時、第2回14時~16時
■参加費
1000円(茶・茶菓代こみ)
■集合場所
箱根登山線 箱根板橋駅 改札外
■コース(予定・変更あり)
板橋駅―老欅荘―古稀庵―清閑亭
■和菓子ビュッフェ
地元の老舗菓子舗から取り寄せた季節の和菓子のうち、
お好きなものを選んで召し上がっていただきます。
■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)までお申し込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月27日(土)~12月5日(日)
女子美術大学山内ゼミ展 日々是美 開催します!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清閑亭に女子美がやってくる!

和の空間が現代アートで思いもかけない風景に一変します。
会期中は、みなさまを女学生がお出迎え。
数寄屋とモダンアートの出会いを堪能してください。

■スケジュール
11月27日(土)~12月5日(日) 11時~18時
 ※閉館時間が通常より遅くなっております。
   宵闇の時間もお楽しみください。

■入館無料
[PR]
# by machien1 | 2010-11-05 12:34 | 清閑亭

10 清閑亭観楓会 紅葉の庭園めぐり

皆さま、こんにちは。

木の葉が色づく季節になってきました。
気候ももう冬に近づきつつあるようですね。

さて、小田原まちづくり応援団では11月28日、12月5日に
カエデ/モミジの美しい小田原の庭園をあらためて
散策し、地元の和菓子に舌鼓を打つツアーを企画いたしました。

コースは箱根板橋駅を出発しまして、
「老欅荘」、「古稀庵」、そして「清閑亭」をめぐるツアーとなっております。


古稀庵の紅葉は、山県有朋自ら京都の別邸・無隣庵より見事
だと自賛していますし、松永安左エ門の老欅荘も、もみじの
とても美しい庭園です。



そして清閑亭の最初の主・黒田長成侯爵も、清閑亭の楓(かえで)
をめでた漢詩をいくつか残しています。


深まりゆく秋のひと時、目と舌で季節を楽しみませんか?

日程、詳細は次の通りです。

■スケジュール
11月28日(日)第1回10時~12時、第2回14時~16時
12月5日(日)第1回10時~12時、第2回14時~16時
(※一日に午前の部、午後の部と2回開催をいたします。各回定員20名。)

■参加費
一回1000円(茶・茶菓代こみ)

■集合場所
箱根登山線 箱根板橋駅 改札外

■コース(予定・変更あり)
板橋駅―老欅荘―古稀庵―清閑亭

●和菓子ビュッフェ
地元の老舗菓子舗から取り寄せた季節の和菓子のうち、
お好きなものを選んで召し上がっていただきます。


↑2010年10月20日「十三夜お月見会」でのお菓子ビュッフェ
 (中央テーブルよりお菓子を選び、召し上がっていただきました!)

■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)までお申し込みください。
※雨天決行

皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
# by machien1 | 2010-10-18 11:20

清閑亭より  「ちりめん細工教室」のお知らせ

清閑亭では、8月より毎月一回、「季節のちりめん細工教室」を開催しています。

開催要項は以下の通りです。

講  師:安藤百合子さん
場  所:清閑亭(南町1-5-73 旧城内高校向かい)
日  時: 9月24日(金)、10月26日(火)、11月19日(金)、12月7日(火)
     各日とも9時~12時
     ※1回だけの参加も歓迎!
作 品:9月 菊の壁掛け
    10月 猿と柿
    11月 たぬきの親子
    12月 うさぎと宝袋
参加費:1回2000円(材料費含む。お茶・お菓子つき)
主  催:NPO法人小田原まちづくり応援団
※参加には事前のお申込みが必要です。


毎月ひとつずつ季節感あふれるちりめん細工を作り、
つるし飾りを目指します。もちろん初心者の方、1回のみの参加も歓迎です。

ちなみにこちらの作品は先月(7月)の作品です。講師の安藤さん作です。
c0104278_1443970.jpg



そして、8月の「ちりめん細工教室」では・・・
c0104278_1452486.jpg

「キタキツネととうもろこし」を製作予定です。

歴史ある建物の中で、歳時記飾りを作ってみませんか?

8月もまだ定員に余裕がございます。
参加のお申込みは清閑亭(0465-22-2834)まで!
[PR]
# by machien1 | 2010-09-24 14:10

中秋の名月は清閑亭で!

9月22日(水)清閑亭 観月会 参加者募集!満員御礼

清閑亭では季節感の楽しみ方を提案しています。
今回は、十五夜にちなみ「清閑亭観月会」を開催します。

琴や笛の音に耳を傾け、月見団子をほおばりながら、
御幸の浜に映える月をめでましょう!

■スケジュール
9月22日(水) 18時から20時

■参加費
1000円(茶・茶菓代などこみ)

■お申し込み
事前に清閑亭(0465-22-2834)にお申し込みください。
[PR]
# by machien1 | 2010-09-22 13:41

小田原市制70周年記念事業 清閑亭 現代能面狂言面三人展


清閑亭 現代能面狂言面三人展


高津紘一 伊藤通彦 岩崎久人


能面展チラシ

 小田原と能楽の縁は深く、その1つに「太閤能」があります。
 太閤能とは、能好きで知られる豊臣秀吉が、自らの業績をたたえるために作らせた能です。その中の一曲に『北條』と呼ばれる能があります。この曲では、北条氏政の霊が自らを降して天下統一を成し遂げた秀吉の治世を祝い、成仏していきます。
 太閤能は長らく上演されませんでしたが、平成2年に『北條』が復曲されました。その際、氏政と秀吉の面を打ったのが、高津紘一師でした。
 今回は、高津師をはじめとする、現代を代表する面打師3名の新作を展示します。
 その舞台となるのが、小田原邸園交流館・清閑亭です。
 清閑亭は、明治末年に、旧福岡藩主直系の黒田長成侯爵の別邸としてつくられました(国・登録有形文化財)。100年あまりの歴史をもつ和の空間で、能狂言面の幽玄な味わいを、心ゆくまで御堪能ください。

■開催期間
 10月2日(土)~10月11日(月・祝)

■開館時間
 11時~16時

■入館料
 500円(中学生以下のお子様は200円)
[PR]
# by machien1 | 2010-09-18 17:03

2010/9/18、10/30、11/14 湘南邸園文化祭2010小田原会場

湘南邸園文化祭2010が小田原でも開催され、NPO法人まちづくり応援団も主催します。
邸園文化祭・小田原会場では、3回のイベントツアーが開催されます。どれも、小田原老舗グルメを回るお得なツアーです。
下記のコース内の着色文字をクリックしてください、参考ホームページにつながります。
なお、このイベントツアーは、小田原市の無尽蔵プロジェクトの「ウォーキングタウン小田原」としても開催されます。
c0110117_13454957.jpg


①9月18日(土)開催 事前申込制 雨天開催
政財界の邸園巡りと「東海道中箱根越え三大土産」グルメツアー
9月18日(土)開催のツアーは、終了しました。
近代日本を築いた政財界の邸園巡りと小田原老舗グルメを巡る、お得なツアーです。
<コース>小田原駅(集合)→清閑亭(福岡黒田藩主)田中光顕別邸(土佐勤王党)→地魚グルメ(昼食)→松原神社小田原宿なりわい交流館→江戸東海道中箱根越え3大名物老舗巡り(丸薬ういろう梅干し塩から)→小田原駅(解散・かまぼこも紹介します)
◆時 間  10:00 ~ 15:30
◆集 合 10:00 JR東日本小田原駅改札前集合(巨大な小田原ちょうちんの下です)
◆参加費  3,000 円(地魚グルメ昼食&老舗グルメ付き)
◆定 員  30名
◆主 催  NPO 法人小田原まちづくり応援団
◆申込み
 ●tel・faxでの電話のお申し込み 0465-22-2834 (11時~16時のみ、NPO法人小田原まちづくり応援団・担当:柴田)
 ●メールでのお申し込み odawara@machien.net (タイトルを「9月18日開催 小田原邸園文化祭参加」とし、本文に「開催日、ツアー名(正確に)、住所、氏名、連絡しやすい電話番号、参加申し込み金額」を明記してください)
 なお、申し込みは、各ツアー毎に電話またはメールにて先着順で受付けています。

②10月30日(土)開催 事前申込制 雨天開催
 
政財界の邸園巡りと「小田原花街」グルメツアー
10月30日(土)開催のツアーは、満員(9月27日)となりましたので、受付を終了させていただきます。
近代日本を築いた政財界の邸園巡りと老舗料亭を巡る、人気のツアーです。
<コース>小田原駅(集合)→料亭大松(内部)→料亭清風楼(内部)→花街グルメ(昼食)→籠常籠清田中光顕別邸(土佐勤王党)清閑亭(福岡黒田藩主) →小田原駅(解散・かまぼこも紹介します)
◆時 間  10:00 ~ 15:30
◆集 合 10:00 JR東日本小田原駅改札前集合(巨大な小田原ちょうちんの下です)
◆参加費  3,000 円(花街グルメ昼食&老舗グルメ付き)
◆定 員  30名→45名に変更しました。
◆主 催  NPO 法人小田原まちづくり応援団
◆申込み
 ●tel・faxでの電話のお申し込み 0465-22-2834 (11時~16時のみ、NPO法人小田原まちづくり応援団・担当:柴田)
 ●メールでのお申し込み odawara@machien.net (タイトルを「10月30日開催 小田原邸園文化祭参加」とし、本文に「開催日、ツアー名(正確に)、住所、氏名、連絡しやすい電話番号、参加申し込み金額」を明記してください)
 なお、申し込みは、各ツアー毎に電話またはメールにて先着順で受付けています。

③11月14日(日)開催 事前申込制 雨天開催 
政財界の邸園巡りと「邸主が愛した」グルメツアー
11月14日(日)開催のツアーは、満員(9月15日)となりましたので、受付を終了させていただきます。
近代日本を築いた政財界の邸園巡りと小田原老舗グルメを巡る、毎年恒例のツアーです。
<コース>箱根板橋駅(集合)→小田原城主勧請秋葉山三井財閥の益田孝別邸跡電力王の松永安左エ門別邸(内部)大倉財閥の大倉喜八郎別邸(内部)首相の山縣有朋の庭園→小田原グルメ(昼食)→清閑亭(福岡黒田藩主)→小田原駅(解散・かまぼこも紹介します)
◆時 間  10:00 ~ 15:30
◆集 合 10:00 箱根板橋駅前集合(小田急線箱根湯本行きで小田原駅の次駅、この日だけ集合場所が異なります
◆参加費  3,000 円(グルメ昼食&老舗グルメ付き)
◆定 員  30名→45名に変更しました。
◆主 催  NPO 法人小田原まちづくり応援団
◆申込み
 ●tel・faxでの電話のお申し込み 0465-22-2834 (11時~16時のみ、NPO法人小田原まちづくり応援団・担当:柴田)
 ●メールでのお申し込み odawara@machien.net (タイトルを「11月14日開催 小田原邸園文化祭参加」とし、本文に「開催日、ツアー名(正確に)、住所、氏名、連絡しやすい電話番号、参加申し込み金額」を明記してください)
 なお、申し込みは、各ツアー毎に電話またはメールにて先着順で受付けています。

★★★共催する神奈川県のホームページは、こちらです。
★★★主催する湘南邸園文化祭連絡協議会のホームページは、こちらです。
    小田原まちづくり応援団では、常務理事の内藤が協議会の副会長を務めています。
★★★ENGLISH shonan_teien_festival.pdf
[PR]
# by machien1 | 2010-09-18 15:14

9月9日ゾロ目の日の邸園交流かふぇ@清閑亭

毎月に1回"ゾロ目の日"。
多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"。
6月から場所を「清閑亭」に移して開催しています。


まちえんでは、小田原の魅力を満喫する恰好な拠点として登録
有形文化財・清閑亭を位置づけ、大学や市民をはじめさまざま
なみなさんとともに、清閑亭をどう使いこなしていったらよい
かを使いながら考えています。

今回は、清閑亭が建っている小田原城の土塁に注目!
清閑亭の眺めのよさも、土塁のうえに作られたからこそ。
また土塁をたどれば、閑院宮別邸(旧アジアセンター)、
さらには、古稀庵などの板橋の別邸群にも抜けられます。

そこで今回は、市文化財課の土塁の専門家をお招きします。
土塁が今、どこからどこまでどうなっているのか。
これから市はどう整備していこうとしているのか。
アジアセンターはどうなるのかなどなど。

現地でガイドを受けたうえで、ディスカッションします。

■スケジュール
9月9日(木)
16時開会......これまでと時間が変わっています。
 □ごあいさつ
 □市文化財課の担当者による清閑亭土塁などの現地ガイド
 □車座になって意見交換(茶菓が出ます)
18時閉会

■参加費
1000円(資料代、茶・茶菓代などこみ)
[PR]
# by machien1 | 2010-09-09 13:40

10 9月4日湘南邸園文化祭2010キックオフイベントが清閑亭で開催!

湘南邸園文化祭2010のキックオフイベントが、今年は、清閑亭で開催されます。
なお、街歩きツアーは、小田原市無尽蔵プロジェクトの「ウォーキングタウン小田原」としても開催されます。
c0104278_12302116.jpg

◆日時  2010年9月4日(土)14時~19時30分
◆場所  清閑亭とその周辺
◆参加  どなたでも(事前申込制)
◆参加費 街歩き+講演会 1000円(資料代・保険代)
     交流会は別途 1000円(飲食代)
◆定員 50名(申込の先着順)
◆申込と問合せ FAX 045-681-5436  Eメール stf@kkkps.sakura.ne.jp
       (申込は横浜の湘南邸園文化祭連絡協議会事務局です。清閑亭ではありません)
◆主催 NPO法人小田原まちづくり応援団
◆共催 湘南邸園文化祭連絡協議会
<スケジュール>
 ★14時~16時30分 
  小田原邸園めぐり街歩き
 ★16時30分~17時30分
  来賓挨拶 松沢成文さん(神奈川県知事・未定調整中)、加藤憲一さん(小田原市長・未定調整中)  
  講演会「別荘地文化のもたらしたもの~湘南の場所としての力~」
  講師 島本千也さん(地理地域研究者)
 ★17時30分~19時30分
  交流会
[PR]
# by machien1 | 2010-09-04 12:04

清閑亭より 「自然観察会」のお知らせ

南町・清閑亭より「自然観察会」のお知らせです。

清閑亭では先月7月21日(水)に小学生対象の「自然観察会」を開催いたしました。
午前9時から11時まで行われ、前半は清閑亭周辺の散策、後半は清閑亭内でまとめの
時間としました。

講師の佐藤先生からは、虫や植物の名前などをいろいろと教えていただきました。
また、先生お手製の白い虫取り布にはたくさんの小さな虫、幼虫が!
子どもたちも大興奮でしたが、私たちスタッフも久々に童心に返った気分になり、
小学生だった頃を懐かしく思い出しました。
c0104278_15313728.jpg

7月の「自然観察会」の一コマです。


この「自然観察会」を今月(8月)にも開催いたします。

第2回「親子で探検!自然観察会in清閑亭」

日  時:平成22年8月24日(火) 午前9時~11時 / 午後3時~5時
日  程: 1時間 ・・・散策(自然観察)
(予定)  30分間・・・まとめ
      30分間・・・ミニ発表会
講  師:佐藤勝信先生(環境省自然公園指導員)
対  象:小学生(先着15名)
    ※保護者の参加も大歓迎
参加費:無料
集合場所:清閑亭(小田原市南町1-5-73 旧城内高校向かい)

まだ午前の部、午後の部ともに定員に余裕がございます。
夏休みの宿題に、思い出にいかがですか?
親子でのご参加も大歓迎です!もちろんおじいちゃん、おばあちゃんとのご参加も!

お申込みは清閑亭(0465-22-2834)まで。
[PR]
# by machien1 | 2010-08-12 15:46

10年 6月18日無尽蔵プロジェクトのウォーキングタウンの第一弾として 『坂の上の雲フォーラム』を開催

NHKドラマ「坂の上の雲」の主人公・秋山真之は、山縣有朋別邸(市内板橋)を訪問中に体調を崩し、友人山下亀三郎の別邸(市内南町)で生涯を閉じたと後の書物に記されています。そこで、NHK坂の上の雲の担当プロデューサーをお呼びして、秋山の多面的な魅力にあふれた人物像やなぜ今、番組に取り組まれたのかといった制作上の秘話、どのような経緯で小田原の地と関わっていったのかという点について、可能なかぎりお話しいただきます。また、観光交流の重要な地域資源の一つである「小田原の邸園(別邸+庭園)文化」とまち歩きをテーマとしたパネルディカッションも併せて開催します。

●日時 6月18日(金)14:00~16:00(開場1:30)
●場所 生涯学習センターけやきホール
●市長挨拶 加藤憲一市長
●背景説明 平井太郎(副理事長)
●基調講演 「『坂の上の雲』と邸園文化のまち・小田原」
 講師:藤沢浩一さん(NHKドラマ「坂の上の雲」プロデューサー)
●パネルディカッション「邸園文化を活かした『まち歩き』」
 コーディネーター 内藤英治(常務理事)
 パネラー 藤沢浩一さん、加藤憲一市長、平井丈夫(理事長)
●閉会挨拶 小早川のぞみ(副理事長)
●司会 柴田彩子(理事)
●参加 どなたでも(無料)
●問い合わせ 小田原市観光課 0435-33-1521
●主催 小田原まちづくり応援団
●共催 小田原市
※駐車台数に限りがあります。なるべく公共交通機関をご利用ください。
c0104278_13155290.jpg

参考資料 小田原邸園マップ(未完成版)
参考資料 邸園文化とまちづくり
[PR]
# by machien1 | 2010-06-18 15:11

10年 6月12日アーバンデザイナー北沢猛を語る会 in ヨコハマ

小田原まちづくり応援団設立以来、顧問を務めていただいた北沢猛先生が昨年末亡くなられました。6月12日「北沢先生のアーバンデザイナーとしての軌跡を語る会」が横浜市で催されます。

【日時】2010年6月12日(土)13:00~17:30
【会場】横浜BankART NYK 2階
【場所】横浜市中区海岸通3-9
【主催】アーバンデザイナー北沢猛を語る会in ヨコハマ実行委員会
【費用】一般2000円 学生1000円

詳しくは、こちらです。
本人が作成した北沢猛先生の経歴は、こちらです。
[PR]
# by machien1 | 2010-06-12 20:38

10年 6月6日まちえんカフェ@ゾロ目(第1回邸園交流かふぇ)

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。
今回からいよいよ場所を小田原市南町の「清閑亭」に移して、邸園カフェとして開催してゆきます。

まちえんでは「小田原の魅力を満喫する恰好な拠点」として登録有形文化財・清閑亭を位置づけ、大学や市民をはじめさまざまなみなさんとともに、清閑亭をどう使いこなしていったらよいかを使いながら考えていこうとしています。
清閑亭はそれ自身が、小田原に残る貴重な庭園を備えた邸宅です。ここを拠点にして、板橋・西海子などに散らばる「邸園」をめぐったり、かつての「邸園」で楽しまれていた暮らし方を味わってみたりして、たくさんの人が小田原に足を運びゆったりとした時間を過す、そんなストーリー(「邸園交流」)を漠然と考えています。
そこで今回のまちえんカフェは、工学院大学の後藤治先生から、清閑亭や「邸園交流」の未来を展望するヒントを提供していただければと思っております。後藤先生はかつて、清閑亭をふくむ南町・本町エリアの小田原遺産調査を担当されてました。後藤先生はその後も小田原市のさまざまな施策にかかわっておられるだけでなく、まちえんの顧問もつとめていただいております。
いただいたヒントをもとに、当日は立場を超えて率直に意見を交わしたいです。車座には、国や県・市の担当者、自治会長さんをはじめとする近隣住民の方、ガイド協会をはじめ関係団体の方などにお越しいただき、一緒に考えながら清閑亭をより身近なものへと育ててゆくかたちが今後つくれればと願っています。車座を囲むことで、みなさんが互いに顔の見える間柄になっていただき、これからの第一歩を踏み出すキックオフを切りたいと考えています。
当日は、清閑亭のよさを味わえるような、「邸園」らしく、また元の持ち主の黒田侯爵家ゆかりの食べものや飲みものを囲みながら、肩肘はらない場にできれば幸いです。

●日時:平成22年6月6日(日)17時00分~19時00分
※開始時間がいつもと異なりますのでご注意ください。
●場所: 清閑亭 電話0465-22-2834(土・日11~16時開館、平日不特定休み)
     (旧小田原城内高校正門前の建物です)
      案内図は、こちら
※敷地内には駐車場がありませんので、報徳博物館横の公共駐車場(有料)をご利用下さい。
※場所がいつもと異なりますのでご注意ください。
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、黒田侯爵家ゆかりの茶菓子付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 「車座@清閑亭」
●スケジュール
17時00分~17時40分 清閑亭内の見学
17時40分~18時30分 講演「仮・清閑亭と邸園交流」 工学院大学後藤治教授(まちえん顧問)
18時30分~19時00分 車座ディスカッション
c0104278_494516.jpg

[PR]
# by machien1 | 2010-06-06 03:38

10年 5月5日まちえんカフェ@ゾロ目

5月5日のまちえんカフェは、参加者の多くが小田原北條五代祭り(5月3~5日)で神輿をかついでいるため、お休みです。
次回のまちえんカフェは、6月6日となります。
[PR]
# by machien1 | 2010-05-05 15:08

10年 4月4日まちえんカフェ@ゾロ目

【この活動記録はこちら】

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。
今回のまちえんカフェのテーマは「清閑亭と『NHK坂の上の雲』」です。
前回3月3日開催のまちえんカフェでは「清閑亭・この建物を最大限活かす方法を考えよう」というテーマで会場の皆さんと議論しました。その結果、会場の皆さんから、次のような利活用の提案がありました。
◆貸室系…ギャラリー貸室、茶席貸室、蔵コンサート貸室、貸室でケータリングや出張料理で楽しむ
◆休憩系・・・旅の休憩、まち歩き接待所、くつろぎ空間
◆食事系・・・和食を楽しむ、小田原食を楽しむ
◆体験系・・・なりわり体験、ものづくり体験、別荘の疑似体験、着物で街歩き体験、ワークショップ体験
◆展示系・・・小田原城から続く歴史の展示、二宮尊徳の展示
◆交流系・・・茶と和菓子のもてなし交流とまち歩きの拠点
◆案内系・・・観光プレゼンテーションを受ける、まちの紹介を受ける
そこで、今回のまちえんカフェは、これらの提案を受け、さらにまちえん内部で議論した「清閑亭の利活用(案)」を発表したいと思います。
また、詳細を調べるうちに、清閑亭の隣は『NHK坂の上の雲』の主人公秋山真之の終焉の地である「山下亀三郎別邸」跡地であることもわかりました。山下亀三郎は、山下汽船(現・商船三井)の創業者であり、明治時代、陸軍の軍人を輸送する船の手配を手がけていました。そのため、日露戦争の海軍名参謀である秋山真之とも親しい間柄にあり、この別邸に逗留中に亡くなりました。そこで、清閑亭の利活用のひとつとして、NHK坂の上の雲のプロデューサーに小田原で講演していただくことを計画しましたので、どのような企画とすれば良いかについても、会場の皆さんと考えたいと思います。どなたでも、奮ってご参加下さい。
c0104278_245776.jpg

●日時:平成22年4月4日(日)19時00分~21時30分
●場所: 小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 「清閑亭と『NHK坂の上の雲』」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「清閑亭と『NHK坂の上の雲』」に関する意見交換など
20時30分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了予定
[PR]
# by machien1 | 2010-04-04 02:31

10 3月13~14日 平成21年度 相模湾アカデミー展示会 ~見る・知る・楽しむ さがみ湾~に参加します

【この活動記録はこちら】

NPO法人小田原まちづくり応援団では、3月14日(土)~14日(日)に横浜そごうで開催する「相模湾アカデミー展示会」を神奈川県や市民組織と共に主催します。是非、ご参加下さい。
【日時】平成22年3月13日 土曜日 11~19時 
    平成22年3月14日 日曜日 10~17時
【場所】横浜新都市ビル(そごう)9階シビルプラザ(横浜市西区高島2-18-1)
【内容】まち歩きなどにより地域の魅力を再発見・再認識し、その魅力を広く伝えていく「相模湾アカデミー」のこれまでの活動などを紹介する展示会
【主催】神奈川県、相模湾アカデミー連絡会6団体(おおくすエコミュージアムの会/茅ヶ崎市商店会連合会/ひらつか防災まちづくりの会/大磯ガイドボランティア協会/まちづくり工房「しお風」/NPO法人小田原まちづくり応援団)
[PR]
# by machien1 | 2010-03-13 16:24

10年 3月3日まちえんカフェ@ゾロ目

【この活動記録はこちら】

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。

今回のまちえんカフェのテーマは「清閑亭・この建物を最大限活かす方法を考えよう」です。
現在、小田原まちづくり応援団は「無尽蔵プロジェクトのウォーキングタウン事業」のコーディネート役を務めています。2月8日の加藤市長の日記のなかで「豊富な地域資源を持っている小田原のまちを、できるだけ多くの皆さんに歩いてもらい、愛してもらいたい。そのエリアとして筆頭に挙げるべきなのが、小田原城跡から海岸までの間の一帯です。そこを歩いて頂く上で、この清閑亭の立地は絶好の場所。しかも、街なかには歩く人たちがゆっくり休める場所が必要。そういった視点などから、この建物を最大限活かしてゆければと、検討を進める予定です。」といっています。
そこで、会場の皆さんが考える「清閑亭・この建物を最大限活かす方法」を勝手に議論したいと思います。
どなたでも、奮ってご参加下さい。
(下記は、2月8日の加藤市長の日記です。参考にしてください。)

●日時:平成22年3月3日(水)19時00分~21時30分
●場所:CAFÉ 八起(0465-22-2117)・・・いつもと場所が異なりますので、ご注意を
  小田原市栄町1-14-13
  (緑町のスクランブル交差店横のブティック2階にあるお店です)
  場所の地図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 「清閑亭・この建物を最大限活かす方法を考えよう」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「清閑亭・この建物を最大限活かす方法を考えよう」に関する意見交換など
20時30分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了予定


★★★加藤市長の日記より、そのまま引用★★★
--------------------------------------
平成22年2月8日(月)「清閑亭」
--------------------------------------
 旧城内高校の南側に、清閑亭という建物があります。明治時代の政治家・黒田長成が別荘として明治末期頃に建築したものを、第一生命が大井本社の迎賓館用として取得した、数奇屋風書院造りの純日本風木造建築です。平成17年に国の登録有形文化財に登録されています。この建物の立つ場所が、小峯お鐘ノ台大堀切や三の丸新堀(旧アジアセンター付近)から続く国指定史跡の三の丸外郭清閑亭土塁であり、その史跡整備のために平成20年に小田原市が用地取得した際に、既に使っていなかった清閑亭建物の寄付を受けたものです。

 この間、この建物は特に使われることも無かったのですが、使わなければ当然建物は傷んでくるため、最低限の管理保全を行い、一時期は雨漏りなどもひどかった部分がありましたが軽微な補修を重ねると共に、周辺の庭の手入れなども行ってきたところ、全体としては良好な状態に維持管理が行われています。

 二宮神社から旧城内高校正門を経て天神さんに至る坂道の途中の高台に位置し、日当たりの良い縁側からは南町海岸近くの樹林帯の向こうに相模湾が望める好立地であります。また、お城はもちろん、本町、南町、板橋方面に足を伸ばすにも絶好のポジションであり、史跡回遊のルート上にも位置。建物の風情の素晴らしさも含め、この場所を何らかの用途で活用しない手はないと、この利活用方法について検討するよう、年明けに指示を出したところです。

 5日金曜日、朝からこの清閑亭を改めてじっくりと視察しました。丁度冬晴れの抜けるような晴天のもと、管理スタッフによってきれいに手入れがされた庭の清々しさを味わいながら、館内を改めてじっくりと見て回りましたが、やはり、様々な利活用の姿があれこれ浮かんできます。

 昨年から始めた無尽蔵プロジェクトのテーマの中に、「ウォーキングタウン小田原」があります。豊富な地域資源を持っている小田原のまちを、できるだけ多くの皆さんに歩いてもらい、愛してもらいたい。そのエリアとして筆頭に挙げるべきなのが、小田原城跡から海岸までの間の一帯です。そこを歩いて頂く上で、この清閑亭の立地は絶好の場所。しかも、街なかには歩く人たちがゆっくり休める場所が必要。そういった視点などから、この建物を最大限活かしてゆければと、検討を進める予定です。
[PR]
# by machien1 | 2010-03-03 02:50

10 2月28日、米国まちづくりセンターが「無尽蔵プロジェクトのウォーキングタウン」などを視察

小田原まちづくり応援団は、小田原市「無尽蔵プロジェクトのウォーキングタウン」のコーディネーター役を担っています。
2月28日(日曜10:40~17:30)、米国ワシントンDCにあるナショナルトラストメインストリートセンター (全米の歴史的資源を活用したまちづくりセンター機関)の幹部が、東京大学まちづくり大学院教授や社団法人再開発コーディネーター協会メインストリート部会メンバーらと共に、小田原市の歴史的資源を活かした一連のまちづくりプロジェクトを日本における先進事例として視察します。
そこで、小田原まちづくり応援団がウォーキングタウン(=まち歩き)の案内役を務めることになりました。
①無尽蔵プロジェクトのウォーキングタウン事業
②お堀端商店街のサードプレイス事業(理事長小西氏)
③銀座商店街(会長角田氏)のなりわい店などなど
をご案内する予定です。
また、12時15分~12時30分には、小田原宿なりわい交流館(2階)において、加藤市長への表敬訪問と交流が行われる予定です。 

c0104278_205745.jpg
ダグ・ローシャー氏(全米ナショナルトラストメインストリートセンター、ディレクター)
全米ナショナルトラストメインストリートセンターのディレクターとして、メインストリート(歴史的資源を活用した都市再生)の分野で25年の経験を有する。都市プランナーとして教育を受け、その後、成人教育・研修、コンサルティング、創造的問題解決の分野で学士号と免許を取得。共著に「メインストリート委員会メンバーハンドブック」、「メインストリート・サクセスストーリー」など。

c0104278_20574076.jpg
ローレン・アドキンス氏(同センター現場支援アシスタント・ディレクター)
1991年より全米ナショナルトラストメインストリートセンターへ勤務。センターでは、ブランドマネジメント、パートナーシップ開発、マーケティング、人事管理、予算管理、顧客関係等、センターのコンサルティングサービス部門の管理を担当する。全米大会での常連講演者であり、継続的にコンサルティングや研修サービスを行っている。38州とワシントンDC、カナダ、シンガポールを含む100以上の地区の支援実績がある。
[PR]
# by machien1 | 2010-02-28 20:58

10 2月2日まちえんカフェ@ゾロ目

【この活動記録はこちら】

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。

今回のまちえんカフェのテーマは「小田原市・無尽蔵プロジェクトとウォーキングタウン」です。

小田原市のホームページによると、
無尽蔵プロジェクトの目的は、市民と行政が一体となり、無尽の英知を持って小田原の持つ特徴と潜在力を引き出し、新たな「小田原スタイル」を確立させることで、地域経済の活性化とまちの活力向上させることだそうです。
※無尽蔵プロジェクトに関する小田原市のブログは、こちら

小田原市から以下の10テーマで、各実践の場活躍している団体(企業等)に投げかけがありました。
まちえんは「①ウォーキングタウン小田原」のコーディネーター役とのことです。
しかし、まちえんに与えられたテーマ「ウォーキングタウン小田原」といっても、いろいろな「タウンウォーキング=まち歩き」があって、どうすれば良いのかよくわかりません。

これまで、まちえんでは、課題が生じると、止まっていては始まらないので、皆さんの意見を聞き、走りながら、プロジェクトを推進してきました。
そこで、今回も、会場の皆様といろいろ意見交換し、走るべき方向を定め、時点修正しながら前に進みたいと考えていますので、是非皆様のご参加をお待ちしています。

★提案のあった無尽蔵プロジェクト「10の推進テーマ」
①ウォーキングタウン小田原 【観光課ほか】
②食の小田原 【農政課ほか】
③文学のまちづくり 【生涯学習政策課ほか】
④ものづくり・デザイン・アート 【産業政策課ほか】
⑤ (仮称)わがまち振興プロジェクト 【農政課ほか】
⑥環境(エコ)シティ 【環境政策課ほか】
⑦市民による芸術文化創造 【文化交流課ほか】
⑧小田原ならではの住まいづくり 【建築課ほか】
⑨シネマとライブのまち 【広報広聴室ほか】
⑩Odawara styleの情報発信【観光課ほか】
※【  】内は、補佐役となる市の所管課
※テーマ別のコーディネーター役は、こちら

●日時:平成22年2月2日(火)19時00分~21時30分
●場所:CAFÉ 八起(0465-22-2117)・・・いつもと場所が異なりますので、ご注意を
  小田原市栄町1-14-13
  (緑町のスクランブル交差店横のブティック2階にあるお店です)
  場所の地図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 「小田原市・無尽蔵プロジェクトとウォーキングタウン」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「小田原市・無尽蔵プロジェクトとウォーキングタウン」
に関する話題提供、質問、意見交換など
20時30分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了予定
[PR]
# by machien1 | 2010-02-02 21:51

10 1月のまちえんカフェ@ゾロ目

まちえん、ゆかりの皆様。
あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

1月のまちえんカフェは、お休みです。
次回、2月のまちえんカフェは、2月2日となります。
[PR]
# by machien1 | 2010-01-15 05:43

09 12月12日 まちえんカフェ@ゾロ目

 毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。

 今回のまちえんカフェのテーマは「小田原らしいまちなみとは?~まちなみ景観づくりに成功した事例の紹介~」です。
 小田原は、景観法という新しい法律を適用した先進都市として、全国から評価されています。
特にその成果は、駅前の旧丸井ビルやベルジュの派手な原色広告看板の減少、クリーム色に変更されつつある自動販売機、金融関係会社の看板の変更など、広告看板に関する分野で顕著に現れています。
 一方、広告看板分野と比べると「まちなみの中心である個々の建物の修景事例」は、少なく、これからの課題ともいえます。
 そこで、「小田原らしいまちなみとは?」と銘打ち、みちなみ景観に推進力を与えている幾つかの成功事例を紹介し、小田原らしい「まちなみ景観」のあり方を皆さんと考えることにしました。
 今の小田原を取り巻く状況は、先が見えない「閉塞感」ではないでしょうか。
 いくつかの成功事例を元に、「閉塞感」を払拭する実現的な意見交換をしたいと思いますので、ふるってご参加ください。

★小田原市景観計画(平成21年5月1日改定版)は、こちら

●日時:平成21年12月12日(土)19時00分~21時30分
●場所: 小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容「小田原らしいまちなみとは?~まちなみ景観づくりを推進した成功事例の紹介~」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分「小田原らしいまちなみとは?」質問、意見交換など
21時00分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了
[PR]
# by machien1 | 2009-12-12 01:01

09 11月11日 まちえんカフェ@ゾロ目 

毎月に1回"ゾロ目の日"に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの"場"として開催する「まちえんカフェ@ゾロ目の日」。

今回のまちえんカフェのテーマは「小田原市の事業仕分け」です。
小田原市は、10月3日と4日、行政改革の一つの手法として近年注目されている取組みである「80事業の行政の事業仕分け」を実施しました。
小田原市のホームページによれば、
★事業仕分けとは、外部有識者、市民の方などが「仕分け人」として参加し、市の仕事を外部の目線により「事業そのものの必要性」から「仕事のやり方」の是非を公開の場で議論し、事業ごとに「不要」、「民間が実施」「改善が必要」などに仕分けていく作業とのことで、小田原市では、「事業仕分け」の結果を市として検証し、来年度の予算編成や、平成23年度からスタートする総合計画に反映させていきますとのことです。
★仕分けに要する時間は、1事業につき30分程度で終結するとのことです。
★事業説明は、5分程度で、資料に基づき、事務事業の概要を所管課の職員(事業説明者)が説明するとのことです。
★質疑、議論 (仕分け人⇔事業説明者)は、20分程度で、事務事業について、そもそも事業としてどうあるべきかという観点から質問し、議論を行うとのことです。
★評価(仕分け人) は、5分程度で、資料、事業説明、質疑を参考に、各仕分け人が仕分け作業シートを作成し、コーディネーターが班としての仕分け結果(多数決による採決)を決定、公表するとのことです。

そこで、「仕分け人」の1人として参加された平井義人さんを講師に迎え、当日の様子や仕分けの方法について、話題提供をいただくことにしました。 「仕分け人」の中には、小田原のこと(歴史、文化、市民の考え方、コミュニティなど)を知らない人も含まれます。5分程度の説明で、事業の背景を説明できるのか、所管課の職員は、正しく背景を説明できていたのか、どのような雰囲気で評価まで至るのか、小田原の文化は守られるのか、小田原のコミュニティは守れるのか、市の財政状況との関係はどうなっているのか、などなど、いろいろな質問が想定されます。会場の皆様といろいろ意見交換できればと思いますので、是非ご参加下さい。

●日時:平成21年11月11日(水)19時00分~21時30分
●講師:平井義人さん(小田原市行財政改革検討委員会副委員長)
●場所: 小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
●参加資格 どなたでも
●参加費 ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容 「小田原市の事業仕分け」
●スケジュール
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「小田原市の事業仕分け」に関する話題提供、質問、意見交換など
20時30分 情報交換会・オープンマイク
21時00分 終了予定
[PR]
# by machien1 | 2009-11-11 14:08

09  11月15日 政財界の邸園巡りと邸主が愛したグルメツアー

湘南邸園文化祭2009が小田原でも開催され、NPO法人まちづくり応援団も主催します。
邸園文化祭・小田原会場のツアーイベントで、近代日本を築いた政財界の邸園巡りと小田原老舗グルメを回るお得なツアーです。
主催する事業内容は、下記の小田原会場のチラシをクリックしてください、拡大されます

◆2009年11月15日(日) 雨天開催
◆時 間  10:00 ~ 17:00
    (10:00 箱根板橋駅前集合)
    小田急線箱根湯本行きで小田原駅の次駅
◆参加費   3,000 円 どなたでもご参加いただけます。
       (地魚グルメの昼食&老舗グルメ付き)
◆定 員    30 名→45名(15人×3チームでツアーを実施予定)
おかげさまで、9/26に定員45名となり、受付を終了しました。

<コース>)箱根板橋駅前(集合)→小田原城主勧請秋葉山三井財閥の益田孝別邸跡電力王の松永安左エ門別邸(内部)大倉財閥の大倉喜八郎別邸(内部)首相の山縣有朋別邸→地魚グルメ(昼食)→江戸東海道中箱根越え3大名物老舗巡り(丸薬ういろう梅干し塩から)→小田原駅(解散・かまぼこも紹介します)

◆申込み
 ●tel・faxでの電話のお申し込み 0465-32-0964 (NPO法人小田原まちづくり応援団・担当:平井)
 ●メールでのお申し込み odawara@machien.net (タイトルを「小田原邸園文化祭参加」とし、本文に「参加ツアー名、住所、氏名、参加申し込み金額」を明記してください)
     なお、申し込みは、電話またはメールにて先着順で受付けています。
     (秋の交流会は小田原市が窓口ですので除きます)
c0104278_13235837.jpg

[PR]
# by machien1 | 2009-11-09 13:01

09 10月10日まちえんカフェ@ゾロ目

【「ライムチェア・プロジェクトその後について」の追跡調査レポートはこちらをご覧ください】

 月に1回“ゾロ目の日”に多様な主体によるまちづくり活動のネットワークの“場”として開催する「まちえんカフェ@目ゾロの日」。
今回のまちえんカフェは、話題が2つあります。
★1つは、今年3月に行なった「ライムチェア・プロジェクトのその後について」、「小田原市シニアリーダーズクラブさんから追跡調査のレポート(半年間運用時点の効果と課題など)」があります。
ライムチェア・プロジェクトは、駅前や錦通り、緑一番、銀座、お堀端などの商店街と協力して、ちょっとしたお休み処になるように、持ち寄ったイスをライム色のペンキで塗って、お店の前などに置いてもらっている試みです。あれから半年。駅前の「まると」さんや、イイダ煙草さんの前など、いつも利用されているのを見かけ、かなり定着しているようですが、このプロジェクトの輪をもっと広げてゆくには、どういうちょっとした工夫が必要なのでしょうか?会場の皆さんと相談したいと思います。
★2つ目は、8月に開催した「まちあるき指南帖第3弾<井細田版>をつくろうプロジェクト」についてです。
こちらは、地元の中学生を交えて、2回にわたって井細田の町を歩きましたので、そこで見つけた小田原の宝物をご報告させていただきます。正直、まだまだ、歩ききれず、掘り出せていない宝物はたくさんあると思います。その掘り起こしを含め、次にどういう展開をしていったら、井細田の魅力にたくさんの人たちが惹きつけられるようになるのか、そのあたりを、会場の皆さんと相談したいと思います。
 また、井細田では、江戸時代の絵図を片手にまちあるきをしてみました。ちょっと慣れてくると、これでも十分歩けるところが小田原のすごい所です。ポイントが厳選されて掲載されている絵図だからこそ気づいた、まちの特徴もいろいろ見えてきました。
古い絵図や地図をつかうのは、9月9日まで、3回にわたって開いてきた、まちえん学校のテーマ「歴史まちづくり」にもつながります。こちらについても、絵図や古地図を使ったまちづくりの可能性について、議論してみましょう!

●日時: 2009年10月10日(日)19時00分~21時30分
●場所: 小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
●参加資格: どなたでも
●参加費: ひとり1千円(資料代、軽食付き)
     当日、受付でお支払いください。
●内容:
①ライムチェアその後(松蔭さん・小田原市シニアリーダーズクラブからの報告)
②まちあるき指南帖第3弾<井細田版>の策定
●スケジュール:
19時00分 まちえんカフェの趣旨説明
19時10分 「ライムチェアその後」について
     「まちあるき指南帖第3弾<井細田版>の策定」について
21時00分 情報交換会・オープンマイク
21時30分 終了
[PR]
# by machien1 | 2009-10-10 11:24

09 9月9日まちえんカフェ@ゾロ目「第4回まちえん学校・第3弾」

【この活動記録はこちら】

今月のまちえんカフェは、「第4回まちえん学校・第3弾」となります。
今年の学校は「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催しています。

「歴史まちづくりシリーズ」の第3弾は、「金沢の歴史まちづくりに学ぶ~水路がつなぐ金沢と小田原~」です。
金沢市の講師を招いた理由は、歴史まちづくり法の認定を既に受けた「金沢市歴史的風致維持向上計画」が「町を流れる水路」にこだわっているためです。ご存知のように、小田原は、1550年頃、日本で最初に水道施設が完成したまちです。この小田原用水には、こだわるべき歴史があります。金沢では、フタのされてしまった用水を、もう一度よみがえらせることで、町の住環境や観光資源としての輝きを高めてきました。
「水路」という切り口で、小田原の歴史まちづくりでどんなことができそうか、それが、どんな未来を拓くのか、みなさんと一緒に考えたいと想います。
「まちえん学校」は、どなたでも参加いただけますが、事前申込で、会費もひとり2000円(寿庵の食事付き、資料付)となります。
・歴史まちづくり法の概要はこちら

・日 時:平成21年9月9日(水)18時30分~21時30分(18時30分~19時は食事)
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:金沢市歴史建造物整備課主査 土田昌伯さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き、資料付)
・タイムスケジュール:
  18時30分~19時00分 寿庵の食事
  19時00分~20時00分 説明・講義(食事も可)
  20時00分~21時30分 質疑応答
  21時30分 終了予定
・会 場:小田原駅前「寿庵2階」
      会場の案内図は、こちら
・事前申込みの方法:9月8日までにEメールでお申し込みください。(定員30人先着順)
odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)
[PR]
# by machien1 | 2009-09-09 23:52

09 まちえん学校「歴史まちづくりシリーズ」

NPO法人小田原まちづくり応援団主催「第4回まちえん学校」は、今話題の「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催します。

■「歴史まちづくりシリーズ」の第1回目は、小田原市役所内でも検討がはじまった「歴史まちづくり法を学ぶ」です。
同法の直接担当課である「国土交通省公園緑地・景観課 景観・歴史文化環境整備室 課長補佐 脇坂隆一さんと古都・歴史文化係長 曽根 直幸さん」をお招きして、時代背景とその目的、どんなことが出来る法律なのか、どんな補助があるのかを市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年7月7日(火)18時30分~21時
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:国土交通省 公園緑地・景観課 景観・歴史文化環境整備室 課長補佐 脇坂隆一さん
     同 景観・歴史文化環境整備室 古都・歴史文化係長 曽根 直幸さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き+資料代)
  ★1回目は済み
【この活動記録はこちら】

■「歴史まちづくりシリーズ」の第2回目は、「小田原の地域資源~なりわい文化を活かす~」です。
小田原の歴史まちづくりの中で、「なりわい文化」はとても大切なキーワードです。特に今、小田原は、これからの交流人口の増加に欠かせない「なりわい文化」を地域資源としてまちづくりの中でどのように扱うべきかを考えることが大切です。
「なりわい文化をどう扱うのか」また、「なりわい文化をまちづくりとして、どのように具現化するのか」加藤市長から今後の戦略を市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年8月28日(金)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・会 場:オービックビル2階会議室
・講 師:加藤憲一市長
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(はげ八鮨の食事付き+資料代)
  ★2回目は済み

■「歴史まちづくりシリーズ」の第3回目は、「金沢の歴史まちづくりに学ぶ~水路がつなぐ金沢と小田原~」です。
金沢の講師を呼ぼうと決めたのは、歴史まちづくり法の認定を既に受けた「金沢市歴史的風致維持向上計画」が「町を流れる水路」にこだわっているためです。ご存知のように、小田原は、1550年頃、日本で最初に水道施設が完成したまちです。この小田原用水には、こだわるべき歴史があります。金沢では、フタのされてしまった用水を、もう一度よみがえらせることで、町の住環境や観光資源としての輝きを高めてきました。
「水路」という切り口で、小田原の歴史まちづくりでどんなことができそうか、それが、どんな未来を拓くのか、みなさんと一緒に考えたいと想い、金沢の歴史まちづくりの水路にかかわってこられた担当者に市民として直接聞いてみようということで企画しました。
・日 時:平成21年9月9日(水)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・会 場:小田原駅前寿庵2階
・講 師:金沢市歴史建造物整備課主査 土田昌伯さん
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(寿庵の食事付き+資料代)
  ★すべて終了しました。
【この活動記録はこちら】

◆◆◆事前申込みの方法:Eメールでお申し込みください。 odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)
[PR]
# by machien1 | 2009-09-08 19:45

09 8月30日第8回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウムIN平塚

まちえんも参加・支援している「8回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム」が平塚で開催されます。

 近年、文化遺産である邸宅・別荘の火災が多発しています。モーガン邸、吉田茂邸、住友家俣野別邸と、近年、神奈川にある歴史的な文化遺産である邸宅の火災が相次いでいます。こうした火災を防ぐ手立てはないのでしょうか。また、火災にあった邸宅の被害を最小限にとどめる方法はないのでしょうか。
そのためには、文化遺産の防火対策に関する専門的知識を得ることも必要ですが、その前に一歩ひいて、消防や防火対策の基礎的な知識や考え方を知っておくことも必要です。例えば、高度な設備を設置しても、それが何に有効なのかを知らなければ、設備としての力を発揮することはできません。
そこで今回は、文化庁の方から国における文化財建造物に対する防火対策の取り組みの現状を報告いただくことに加え、防火や防災上の対策について第一線で活躍されている先生たちから基礎的なお話しをいただくことを企画しました。各先生の講義を聴いた上で、文化遺産である邸宅の防火対策として、参加者ひとりひとりに何ができるのか、どうすればよいのかを考えていただければ幸いです。

日 時 平成21 年8 月30日(日)14 時~18 時半(14~15 時 記念館見学、15 時~18 時半シンポジウム)
会 場 旧横浜ゴム平塚製造所記念館(平塚市浅間町1-1)
シンポジウムテーマ 「文化遺産・湘南の邸園を火災から守る」
司会:後藤 治氏(工学院大学教授・まちえん顧問)
講師:長尾 充氏(文化庁建造物担当)/文化財建造物に関する防災対策の動向
    関澤 愛氏(東京大学大学院特任教授)/文化財等の木造建物の防火対策
    安井 昇氏(早稲田大学研究員)/木造建物の耐火・防火性能を高める方法
    三浦 卓也氏(マヌ都市建築研究所)/住民参加による防災まちづくり
参加資料代 500 円  定員 60 名
申込み方法 ネットワーク事務局へメール又はFAXで8 月25 日までにどうぞ
shonan-nw@office.nethome.ne.jp 0466-88-4388(事務局:佐藤)
チラシ(申込書)は、こちら
[PR]
# by machien1 | 2009-08-30 20:37

09 8月28日 第4回まちえん学校「歴史まちづくりシリーズ・第2弾」

 今月のまちえんカフェは、「第4回まちえん学校・第2弾」となります。
今年の学校は「歴史まちづくり」に焦点をあて、3回シリーズで開催します。
「まちえん学校」は、どなたでも参加いただけますが、事前申込で、会費もひとり2000円(はげ八鮨の食事付き)となります。

<第4回まちえん学校・歴史まちづくりシリーズ第2弾 小田原の地域資源~なりわい文化を活かす~>
小田原の歴史まちづくりの中で、「なりわい文化」はとても大切なキーワードです。特に今、小田原は、これからの交流人口の増加に欠かせない「なりわい文化」を地域資源としてまちづくりの中でどのように扱うべきかを考えることが大切です。
「なりわい文化をどう扱うのか」また、「なりわい文化をまちづくりとして、どのように具現化するのか」加藤市長から今後の戦略を市民として直接聞いてみようということで企画しました。
多くの方々のご参加をお待ちしています。

・日 時:平成21年8月28日(金)18時30分~21時(18時30分~19時は食事)
・講 師:加藤憲一市長
・聞き手:小田原まちづくり応援団
・会 費:2,000円(はげ八鮨の食事付き)
・タイムスケジュール:
  18時30分~19時00分 はげ八鮨の食事
  19時00分~20時00分 説明・講義(食事も可)
  20時00分~21時30分 質疑応答
  21時30分 終了予定
・会 場:小田原銀座通り・オービックビル2階
     (銀座通りと大工町通りの交差点角の建物です)
      小田原市栄町2-9-46
      案内図は、こちら
・事前申込みの方法:8月27日までにEメールでお申し込みください。(収容人数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。お早めにお申込みいただければと思います) odawara@machien.net
(タイトルは、歴史まちづくり。①お名前、②人数、③参加する日を記載したメールをお送り下さい。)

(参考までに、5月28日の加藤市長の日記は、こちら
[PR]
# by machien1 | 2009-08-28 12:07